子どもでも分かる-夢産地とさやま開発公社の事業ってどんなこと?
有機の里づくり
土づくり事業

 > トップ > 公社の事業案内 > 土づくり事業

土づくり(BMW技術)

実づくりは葉づくり、
葉づくりは根づくり、
根づくりは土づくりから
とさやまは自然にやさしいBMW技術を導入して「土づくり」にこだわっています。

BMW技術ってな〜に?

森の奥にある透き通った沼では、自然のサイクルがうまく回っている限り、木の葉がどんなに落ちても水が汚れるということはなく、沼底では木の葉は生き物を育むための土へと変わっていきます。これは分解者であるバクテリア(B)と、ミネラル(M)と、それを溶かしている水(W)が浄化作用を行っているからです。
その自然界の浄化システムを応用したのがBMW技術です。
もともとの出発点となったのは、一般有機排水処理技術の欠陥を克服する新しい技術の開発でした。特殊な土壌と岩石が排水処理の処理系統に加えられると、微生物活動が活発になり、汚水の有機物を分解再合成し、生物にとって良い水へと変わります。
現在のBMWシステムは、これをさらに家畜の糞尿処理に適用し、地域での循環まで発展させています。(BM技術協会 会報より)

BMW技術を用いての土づくりと生物活性水との関係図式

生物活性水とは
「生物活性水」には、ミネラルや酵母菌、放射菌などの善玉細菌が多く含まれています。この水は、家畜の糞尿などを原料に、BMW技術を使って有用な農業資材に変えるサイクルのなかで、微生物によって精製されて出来た酵素を大量に含んだ液です。
飲水改善・尿処理(BMW技術)
自然石と腐食土を浸かって、発酵させます。村の公共施設の浄化槽にもこの技術が活かされ、高度処理したきれいな水を鏡川に流しています。
  • キミガイイ。土佐ジロー卵
  • BMW技術って?
  • もこもこグループとさやま
  • 高知県HP
  • 高知市HP
  • 平成の名水百選
  • オーベルジュ土佐山
  • とんとんのお店
  • 生活学舍 桃土