~稲ワラ取り~いざ!愛媛県は西予市に。

一月の中頃、連絡が入ってきた。

「稲ワラとりにこんかね?」

毎年、愛媛県西予市の農家・シミズさんから
稲刈りしたあとのワラをわけていただいている。

高知ではコメを収穫したら、
ワラはそのまま鋤き込んでしまうことが多い。

ワラ敷、並行して杭打ち

高知の猛暑、太陽の直射日光から
生姜を守るためには稲ワラはなくてはならない。

だから、毎年、片道約3時間もかけて
稲ワラを取りに行く。

田んぼのごく一部

シミズさんの田んぼはとにかく広大だ。
3haもの面積でいろいろな米作りを試している。
合鴨農法であったり、古代米の栽培であったり。

稲わらをみんなで束ねる

稲ワラを束ねる際の休憩に、
近況などを聞くついでにそういった話をよく聞いた。

いっぱいになるまで積む

今回の稲ワラ取りでは約1000束、
4tトラック1台、2tダンプ2台、軽トラック2台、
それぞれの荷台をいっぱいにして持って帰ってきた。

集合写真

高知まで帰ってきたら日が暮れていた。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる